May 29, 2015

流行りのファッションとヒップの形

女性の下半身の悩みNo.1
ヒップの形

 

ヒップラインが重要視されるのは

  • 上半身と下半身の境
  • ウエスト位置
  • 肩幅、腰幅のバランス

 

などが全身のボディラインに影響を与える

また、洋服選びでも要となる部位になります。

これらのボディラインに対して
最終的な決定要素が

骨盤の傾き方です。

主なヒップの悩みの傾向

  • ヒップが下がる、広がる70%
    →骨盤前傾、O脚傾向
  • ヒップが丸く大きい20%
    →骨盤前傾、猫背傾向
  • ヒップがペタンコ
    →骨盤後傾、下腹に悩む傾向10%

実際には
これらがいくつか混ざり合い
ヒップアップを困難にしています。

誰もが憧れる

  • 立体感のあるヒップ
  • 脚長効果を作る小尻

これらを例外なく体型付けているファッションモデルは
ヒップ上部、ヒップ中部の筋肉が発達しています。

これは実は、その部位にエクササイズのみで
発達しているわけではありません。

  • 日常でヒップ上部が使われる割合
  • 歩く時等にヒップ中部にかかる負荷の割合

などが考慮されています。

個々の骨格、カラダの連動から
日常的にこれらが使われるようなボディラインをつくれば
ヒップの立体感、えくぼのある小尻
そんなに難しくなく作れるということです。

Posted in コラムComments Closed 

関連記事