May 29, 2015

歩く、走るのダイエット効果は180度違う!

体脂肪減らすのに

ウォーキングとランニング
どちらが効果的?

運動の消費カロリー
仕事量+熱の発生です。

 

「速く走っても」
「ゆっくり歩いても」
1秒間にカラダがエネルギーを出せる量は、
決まっています。
自分の力の30%(ウォーキングくらい)
くらいの運動のときが最大です。

1秒間に筋肉が発生する熱は
自分の力の20%の負荷で最大です。

つまり、比較的軽い運動の方が
多くのカロリーを消費します。

これらを踏まえると
速めに歩く程度が最も効率が良いでしょう。

 

そして
ウォーキングとランニングの根本的な違い

ウォーキング
「前方に転がる」ような運動

ランニング
「上下に跳ねる」運動

と言えます。

上下に跳ねるランニングでは
アキレス腱などの
「バネ」の作用によって

筋肉によるカロリーの消費が
抑えられてしまいます。

例えば
ホッピンク、トランポリンで
100回連続でジャンプするのは
ほとんど力を使いません。

ランニングは前後への運動に加えジャンプも加わり
大量にカロリーを消費しそうですが

これと同じで「バネ」によって
エネルギーを節約しているのだけなのです。

結論
5kmを歩いても、走っても
「5kmの距離を移動する」
という事実は同じです。

よって
ウォーキング、ランニング
どちらでも
カロリー消費はあまり変わらないとなります。

  • きつい!と感じる運動
  • 時間の長い運動

ストレスホルモン(筋肉分解ホルモン)
が分泌されやすい
ところを踏まえると、

短時間(10~20分程度)の速歩き
一日数回行う。

筋肉を残して体脂肪を減らすには
効果的でしょう。

Posted in コラムComments Closed 

関連記事