May 29, 2015

出産前と後の体型の変化

産後に痩せづらくなった…
今まで脚が細かったのに…
下腹が凹まなくなった…

 

 

こんなお悩みはございませんか?

なぜ、このような変化が出るのでしょうか?

これには骨盤位置の変化
が深く関わっています。

産後は骨盤が
後ろに傾く(後傾)傾向があります。

大きくなったお腹を半年以上支えていた為、
重心位置が踵よりになります。

すると

  • 背中が丸まる
  • 骨盤を後傾させる

ことでカラダの重心を保とうとします。

また、上記以外にも骨盤後傾というシルエットは

  • 膝上に脂肪が付く
  • 足首にメリハリがない
  • 下腹がポッコリ

の体型を作りやすくなります。

この骨盤後傾のシルエットがある限り

カラダで使われる筋肉は20%程度
制限されてしまいます。

まっすぐで細いファッションモデルの女性は
例外なくこの骨盤が「前傾」でも「後傾」
でもなく真っ直ぐに立っています

まっすぐな骨盤はカラダの筋肉を100%使える姿勢となる為
同じ日常生活でも骨盤の傾きがある女性と比べて
約5倍もの消費カロリーの差があるのです。

 

産後の体型からいち早く抜け出し
モデルのような細さを作るには

骨盤、肩甲骨などの単体でのエクササイズでは
体型を変えることは不可能な事実。

カラダは点ではなく線で結ばれているからです。

  • すねの筋力
  • ヒップ横の筋力
  • 首の位置

など、全体の骨格のバランスを整えることが
骨盤後傾のクセを無くすには必要不可欠。

これらのバランスをとれば、
ママになっても綺麗でいたい!
はスムーズに叶えることができるでしょう。

Posted in コラムComments Closed 

関連記事