May 29, 2015

ヒールとふくらはぎの関係

今や、美脚の必須アイテム

ヒールファッション

  • 脚に負担がかかりづらい5センチ以下
  • 女性の1番人気7~8センチ
  • 全身がスラッと細く見える効果もプラスされる9センチ以上

選ぶのも楽しくなりますね。

ヒールを履くと脚が太くなる!?

これは本当です。

 

 

 

しかし、脚がヒールで太くなる理由を知れば、
逆にヒールで細くすることも可能と言えます。

まずはヒールで脚が太くなる理由について。

ヒールは元々、背は高いのに
骨盤後傾な女性が多いヨーロッパで生まれました。

これは、欧米の女性の特徴である
膝下が長いキュッと締まった脚のライン
憧れがあったからと言われています。

ヒールを履くと自然と骨盤が若干前に屈みます

この形を作ることで
骨盤後傾からまっすぐ立った骨盤へと矯正され、
本来の背の高さ+脚長効果を身に付けたのです。

対して、アジアの女性は70%が骨盤前傾と言われています。

元々、骨盤前傾なのに、骨盤を前傾させるヒールと履くと‥‥

より前傾が強くなる!

これは日常的に

  • 太ももに過剰な負荷がかかる
  • ふくらはぎに過剰な負荷がかかる

姿勢となり、

負荷がかかった筋肉がムキムキと発達していく
当然の流れとなります。

ではヒールを上手に履きこなすには?

ボディメイクで骨盤を若干後ろ屈みに変えること。

過度に後傾にすると

  • 膝上
  • 足首

への負担が増えるので、

良く履くヒールの高さに合わせて若干後傾にする。

すると、ヒールでキメるべき時にビシッとキマり、
足への負担も最小限に抑えられます。

ここまで密に出来てこそ、
価値のあるボディメイクではないでしょうか?

Posted in コラムComments Closed 

関連記事