May 29, 2015

ダイエットと食事 ~基本の痩せる食べ方~

美容、ダイエットに欠かせない
食事

オーガニック!ヘルシー!
色々な情報が飛び交う中、
どれも素晴らしいものであること
間違いありません。

これらの方法の根本
身体とカロリーの使われ方について
ご存知でしょうか???

 

 

カロリー保存の法則

ダイエットの公式
消費カロリー>摂取カロリー

これはあなたもご存知の通り。

まずはこれを無視しては
ダイエット成功はあり得ません。

この消費カロリーについては

  • 基礎代謝 70%
  • 活動代謝 20%
  • 食事による熱代謝 10%

このことからも
70%を占める基礎代謝を増やすこと
消費カロリーを増やす
最も効率的な方法です。

基礎代謝アップのポイントは

  • 筋肉量を増やす 40%
  • 内臓を動かす 40%

がポイントとなります。

内臓の活動とタイミング

内臓(胃腸、肝臓)が動くには
食事のタイミングが重要です。

食物の消化吸収時間は

  • タンパク質 6時間
  • 食物繊維 3時間
  • 脂質 3時間
  • 炭水化物 20分~2時間

が目安となります。

つまり、これらを食べた後、
上記の時間は
内臓がエネルギーを消費し続けるということ。

必然的に
タンパク質、繊維質が多い食事の方が
摂取カロリーが減り、
消費がカロリー増える
となります。

ホルモンとダイエット
お腹空いた、満腹!
など、食事に関しては
全てホルモンにより調整されます。

主なダイエットホルモンと食事
◯タンパク質
体脂肪分解ホルモン分泌

◯良質な脂質(オリーブ、魚油)
食欲の抑制ホルモン分泌

◯吸収の速い糖質
体脂肪増加ホルモン分泌
食欲増加ホルモン分泌

まとめると

  • 毎食のタンパク質
  • 朝の吸収の遅い炭水化物
  • 朝昼の良質な脂質

これらを含む食事が
最もスムーズに体脂肪の燃焼を促します。

カラダは食べたもので作られる事実
どのような食事を心がけますか???

Posted in コラムComments Closed 

関連記事