May 29, 2015

ウォーキングで「痩せる女性、痩せない女性4つの違い」

日常必ず行われる最も多い動作
ウォーキング

これを味方につけることは
体脂肪と無縁のボディをキープする
ことに直結します。

 

 

ウォーキングは
強度の低い有酸素運動となります。

体脂肪は

  • 安静時
  • 強度の低い有酸素運動

この時に最も高い割合で
消費されます。

つまり、毎日が体脂肪を減らす
絶好のチャンスとなっているのです。

しかし
どんな女性も共通して行っているウォーキング
なぜ痩せる女性、痩せない女性と差が出るのでしょうか???

 

体脂肪はどんな方法であれ
最終的に筋肉が消費する
ことを踏まえても
全身の筋肉量(基礎代謝)が多いこと
スムーズな体脂肪燃焼を促します。

しかし、現代では
ダイエットジム、フィットネスクラブ
雑誌、本などでエクササイズに励んでも

なかなか痩せない‥‥

という女性が多い事実。

これは
筋肉が使われる割合が少ないことが
原因となります。

元々ある又はせっかく付けた筋肉。

日々の有酸素運動で使われていますか?

多くの女性が太ももの筋肉だけ
高い割合で使われて、
それ以外の部位は
ほとんど使われずにいます

全身の筋肉をフル活用できるボディ
変える事がウォーキングで痩せるポイントです。

現代のライフスタイルからも
女性70%は骨盤が前傾しています。
これが太もも優先体型の主な原因になります。

  • 太もも前のストレッチ
  • 腰のストレッチ
  • お腹のエクササイズ
  • 太ももの後ろのエクササイズ

この4点のバランスをとることで
からだに眠る筋肉が100%ウォーキングに参加することが
可能になります。

特別に運動しなくても
日常嫌でもするウォーキングを見方に付けていれば
いつまでも痩せボディを保てるということです。

Posted in コラムComments Closed 

関連記事